2009/10/17

[書評]ビジョナリー・ピープル

ビジョナリー・ピープルビジョナリー・ピープル
宮本 喜一

英治出版 2007-04-07
売り上げランキング : 8240
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「完璧さが最後の最後になって手に入れるのは、何も付け加えるものがなくなったときではなく、何も取り去るものがなくなったとき。」
ーアントワーヌ・ド・サン・テグジュペリ
【要約】
人は楽しくないものに全身全霊をかけて取り組むことはできない。そして、その結果は人々に大きな影響を与えるものにならない。ビジョナリー・ピープルはある目的に対して個人的な意義を与え、その目的の為に人生をかけてとりくむような情熱を持ち続ける。目的の達成の為にあらゆる障害がでようともそれらを乗り越えて、目的を完遂させようとする。
 情熱をもつことは大事だが、それにとらわれすぎることも良くない。あらゆる事柄に関心を向け、あらゆるものを得ようとする姿勢が新しい発見や思わぬ副作用を生むことがある。よって、あらゆるものに情熱を傾け常に全力を尽くし、自分の目的に紆余曲折があってもそれを見失わない人こそ継続的に成功を挙げていくことができる。
 新しいものから常に学習すること、あらゆる経験は新しい発見や成長の糧として、謙虚な姿勢とそうした失敗から学んだ後は同じ失敗をせずに、自分の行動様式を変化させ、進化し続けることが大切。
 そして、あらゆる事柄は1人の人間の独力では達成することはでない。よって、成功し続ける人々は優秀な人間や自分の目的を共有し共に協力してくれる人材や人のつながりを大事にする。そして、その人達の能力を十分に発揮する為に、フラットな論争を重視する。


【目次】
序章 ビジョナリー・カンパニーからビジョナリー・ピープルへ
第1章 改めて成功を定義する

PART1 意義 〜彼らはなぜ成功し続けられるのか〜
第2章 情熱と意義を追求する
第3章 情熱はひとつだけではない
第4章 誠実な姿勢をつらぬく

PART2 思考スタイル 〜究極の返信は頭の中から始まる〜
第5章 静かな叫びに耳を傾ける
第6章 カリスマは大義に宿る
第7章 失敗を糧にする
第8章 弱点を受け入れる

PART3 行動スタイル 〜生きがいのある人生を紡ぐ〜
第9章 思いがけない幸運に備える
第10章 論争を盛り上げる
第11章 すべてを結集させる