2007/05/22

これからのデジタル音楽

これからの音楽家はパッケージ販売に限らない収益構造モデルを持たなければいけないのかもと思わせる内容。
On Off and Beyond: デジタル時代ミュージシャンの収益構造

一番興味あるのは以下の記事。

ライブも、昔のように「何人来るかわからないけどとにかくドサ回り」、という山師的なものではなく、サイト上でファンにどこに来て欲しいか投票してもらい、客が集まる場所を選んでいくことができる、とのこと。常識ではありえない辺鄙なところで140人集まったこともあったそうです。


ネットによってファンが分散化したから、どこにニーズがあるのかつかみにくい。特に米国ならその状況はなおさら。日本だったら、都市部の主要LHで演ってれば事足りるけど、細やかなニーズの掘り起こしという意味で、ファンと直接やり取りしているこの手法は非常に参考になる部分が多いのではないだろうか。