2007/05/21

日本的交渉方法

P2Pとかその辺のお話 著作権保護期間延長問題:ビジネスの拡大という本音を隠されては議論は進まない

非常にもっともな主張。日本では、自らの主張をごり押しする為に、感情的に訴えてくる手法が多い。(特に、政治分野において)だけど、遺族の為の著作権延長って、著作権法自体の目的「文化の発展」に適合しない、極めて無駄な議論であると感じる。私的領域における保護拡大で文化の発展に寄与するのかという曖昧且つ証明不可能な議論だ。

こんな事ではいつまでたっても、この議論は深まっていかない。著作権権利団体が延長を望む新の理由を素直に認めた上で、延長後の利益と不利益を具体的な形で提示すべきではないか。今では、全体としては不利益を生じるとしか思えない。