2007/03/21

「情報/知識」

知のデジタル・シフト―誰が知を支配するのか?
知のデジタル・シフト―誰が知を支配するのか?石田 英敬

弘文堂 2006-12-20
売り上げランキング : 167732


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

上記著作の中に
高畑一路 「検索技術の現在—MIMAサーチ」という章がある。その中で、データ・情報・知識の区分が載っていた。以下の区分はLuciano Foridi, Philosophy and Computing: an introfuction, Routledge, 1999, pp.106-107による。

データ:問いのない答えのこと。
情報:データに意味を加えたもの。あるいは、意味のあるデータのこと。データは、知性を備えた存在にとって有益である為には、適切な疑問を伴っていなければならないので、情報とは(データ∧適切な問い)からなる意味ともった断片として定義される。
知識:物事が、なぜそのように言われている通りになっているのかの理由に対する適切な説明が伴った情報のこと。知識には、偶然に正しい理由が含まれているのではなく、理解と洞察が含まれており、(情報∧適切な説明)として定義されている。


参考URL:
論理記号の読み方と, 集合の記号の読み方