2006/12/21

まん延するニセ科学

自然科学に対する無条件の信頼関係を冷静に指摘している人だなという印象。



簡潔な説明を求める現代の中で、科学が曖昧さなく白黒はっきりしてくれる科学の根拠を人々は求めている。しかし、それは過剰な信頼関係を導きだし、時に間違った方向へ導く事もあるということを指摘しているのだろう。

しかし、宗教無き日本社会の中で唯一信じられるものといえば、技術と科学ぐらいなもので、それらを信じられなくなったら、人々はどこに寄りかかって生きていけば良いのだろうか??